動かない車を売る

交通事故

車を買取に出す際に、現在利用している自動車が事故車か不動車か判断しかねる、という人は少なくありません。事故車と不動車は似ている部分もありますが、実際には相違点も多く存在します。それぞれの特徴を理解していると、自動車を買取してもらう際に役立てることが出来るでしょう。

まずは事故車と不動車の定義を確認して行きましょう。事故車というのはボディやタイヤホイールなど、その見た目に大きな破損が見られる自動車、というのが一般的な認識です。一方不動車はというと、事故車のような大きな破損は見受けられないが実際に走行することが出来ない自動車になります。不動車はその見た目は、無事故の自動車と見分けることが出来ません。しかしエンジン部分やバッテリー部分に不具合が起こっているため使い物にならないのです。

事故車や不動車というのは、健全な車ではありません。初めて自動車を買取してもらうという人の中には、事故車や不動車が本当に売れるのか気になるという人も多いでしょう。しかし結論を言えば、買取業者に売却することは可能です。買取専門業者は、よっぽどのことがない限りはほとんどの自動車を買い取ってくれます。しかし売却する自動車の状態によって、査定の判断基準や評価の方法は異なります。事故車や不動車の買取価格を少しでもアップさせたいのであれば、複数の買取業者に売却に見積もり依頼をし、見積もり書を作成してもらった上で買取業者を選択することが大切です。