廃車手続きの種類

ハンドル

現在使用している自動車が使い物にならない廃車同然の代物であればすぐに、買取専門業者に売り払ってしまうのが得策です。自動車は所有しているだけで維持費がかかります。駐車場を月極契約しているなら駐車料金を払わなければなりませんし、税金だって発生します。使えない廃車の維持費を無駄に支払い続けるくらいなら買取業者に買い取ってもらい、次の新しい車を購入するための軍資金にしましょう。一般的に使い物にならない車を廃車と呼びます。しかし廃車には車の登録を抹消するという意味もあるのです。この廃車の手続きには2つの種類があります。

廃車の方法の中に永久末梢登録というものがあります。永久末梢登録とは、もう二度と乗らない車の登録を抹消するための手続きになります。そのため買取専門店でも査定価格が付かないようなオンボロ車はこの方法で末梢登録しましょう。また永久末梢登録で廃車の手続きを進める際には解体業者が解体をしたことを示す証明書が必要になります。

そして2つ目の廃車の方法が一時末梢登録です。これは長期間、自動車を利用することがない場合に行なわれる手続きです。登録をしておくと、自動車税の納付義務がなくなります。また一時末梢登録を行なうと、登録識別情報等通知書というものが届きますが、これは次回登録しなおす際に必ず必要になるため手元に保管しておきましょう。このように廃車の手続きも種類によってその意味合いは全然異なります。廃車に出すならそれぞれの末梢登録の意味をしっかりと把握して上で手続きを行ないましょう。